景品でお悩みの方はおちらは必見の内容

子ども会を開くなら景品にもこだわろう

子どもだって景品があればうれしい

忘年会や新年会で集まってワイワイ騒ぐ席でゲームや余興をし、その結果、ちょっとした景品がもらえるのは、大人であってもなかなかにうれしいものです。
それが子ども会ということになれば、大人以上にうれしいのが子どもの心理だと考えられます。
子ども会を企画する係を任命されたなら、子どもがもらったときにとても喜んでくれる景品を選びたいと思うでしょう。
せっかく渡したのにつまらなそうにしていたら、時間をかけて買いに行って揃えたのにと残念な気持ちになるのは当然です。
がっかりしないためには、いくつかの要素が重要になってきます。


安い店を探して、あっちでこれをこっちでこれをといった具合に買いそろえるのもいいですが、結果的にバラバラな印象の品が揃ってしまい、値段にもばらつきが生じるでしょう。
福引やビンゴゲームを子ども会で催し、当たりがでたり、あるいは早い者勝ちで豪華なものを手に入れていけるというスタイルにするなら、値段にばらつきが出ても、おかしくはありません。
ただ、この方法は子どもの目から見ても、明らかにもらった景品に差があることがわかりますので、ある程度年齢層が高めの子ども会に向いているといえます。
まだ年端もゆかない子どもであれば、自分がもらったものでなく、他の子のものをほしがる可能性があるため、一律料金で揃えるのが適しています。

同じところで一気にまとめて買うのがオススメ

ビンゴゲームや福引をおこない、景品の内容に差をつけるにしても、みんなが同じような価格帯の品をもらえるようにするにしても、一つのお店で一気にまとめて買うのがオススメです。
金額に差をつけるなら、値段ごとにいくつずつ買うかということが把握しやすくなります。
景品内容は違うけれど金額そのものには差をつけないという場合には、同一価格帯から異なるタイプの景品を選ぶことで、予算が管理しやすくなるというメリットがうまれます。


同じような価格帯でと思っても、そこそこ規模の大きな子ども会を開催する場合の景品を買うとなると、店では思うように数が揃わないということも考えられます。
そんなときの購入先として最適なのが、インターネットショッピングサイトです。
景品をメインに取り扱うサイトでは、一個当たりの値段をいくらにしたいのかで商品を絞り込めたり、人気のあるキャラクターものを特集していたりと、選びやすさにおいては店で探すよりも断然上です。
今、子どもに人気のあるキャラクターを景品に選べば、子ども会も大いに盛りあがることでしょう。

人気記事ランキング